ワキ脱毛とワキ汗や臭いの関係

脱毛医療安い

 

ワキの脱毛をした事後、ワキに汗をかき易くなったり臭いが気になるようになった、というお客様もいるそうです。

 

しかし、定番、脱毛すると汗腺も閉じ、汗をかきがたくなることが多いといわれています。もともとワキガだったお客様も、脱毛することで実態が抑えられる効果があると考えられています。

 

それなのに、脱毛後にわきの臭いが気になって仕舞うお客様がいるのは、なぜなんでしょう?

 

ワキガの理由

 

ワキガは正式には「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。鼻につく臭いが動向で、海外では珍しくない実態ですが、日本人には少ないので非常に引け目になることが多いみたいです。

 

ワキガの原因は、主にアポクリン汗腺という、ワキに居残る汗腺から分泌される汗です。脂肪やタンパク質を組み込むこの汗が人肌の常在細菌によって分解されると、非常に著しいイメージを発生させるのです。

 

ワキガの臭いが強いお客様は、アポクリン汗腺が多い風習と考えられます。わきの下を清潔に保ったり、通風の良い組合せを心がけたり、わき用のクリームなどでイメージを抑制することができます。

 

根本的な診断となると、汗腺を除去する手術やボトックス注射という方法があります。

 

脱毛とワキガの原因

 

では、脱毛をするとワキガに達するのでしょうか。
応えは、「不可能」です。

 

もともとワキガの臭いというのは、汗腺からの分泌タイプと細菌が入り交じり、それがわき毛と絡み合い手強い臭いにのぼるものなんです。わき毛がなくなれば、臭いは多少改善されるのが普通です。

 

脱毛後にわきが臭うようになったという人のほとんどは、汗が匂っているのだと考えられます。脱毛したことでわきに関心がいくようになり、汗やイメージが気になることで、さらに汗をかきやすく至る、という行き詰まりになっているかもしれません。

 

また、脱毛後に残った毛穴に皮脂などが残り、それが酸化して臭っておるというケースもあります。この場合、自分で毛穴の汚れを搾り醸し出すか、専門医に毛穴を広げて味わうという手法があります。

 

いずれにせよ、一時的なもので直ちに治りますので、あまり心配する必要はありません。脱毛したらワキガにのぼる、というのは考え違いなのです。

関連ページ

背中のムダ毛どうしてる?
背中のムダ毛は自分では処理しにくく、また自分でどれだけムダ毛が生えているか確認もしずらい箇所となります。ですが、水着や背中が開いた服を着た場合には背中の毛が生えていると真っ先に注目されてしまうところでもあるためできるだけ処理はしたいものです。
脱毛サロン選びに無料カウンセリングツアーに出かけてみれば?
初めて脱毛サロンに通う場合、気になる脱毛サロンがあればすべての無料カウンセリングに行ってみるのも一つです。
ビキニラインからムダ毛はみ出してない?
ビキニラインのムダ毛が見えてしまっていませんか?さまざまなタイプのかわいい下着を着用したければビキニラインのムダ毛処理は重要です!
ガムテープでムダ毛処理!?そんな無茶な!
あまりないと思いますが、ムダ毛処理にガムテープを使うという方。あまりにもムダ毛処理グッズを買うお金がないという方の最終手段ともいえる方法ですが、多くのデメリットが存在します。
美脚の条件はムダ毛0も含まれる?
ほとんどの女性は美脚に憧れると思います。美脚の条件と言えば細い、まっすぐ、セルライトがないなど様々ですが、そこにはやはりムダ毛がないという条件も必須ではないでしょうか?
様々なムダ毛処理アイテム
ムダ毛処理アイテムはたくさんあります。脱毛エステサロンに行ってしまえば、煩わしい自己処理から解放されますが、お金のないうちは自分でしないと仕方がないという方もいますよね。
アフターケアをおろそかにしない!具体的な方法!
脱毛後のアフターケアは、脱毛効果を最大限に引き出すために最も重要と言っても過言ではありません。そんなアフターケアについて具体的な方法をこちらでご案内しています。
アトピーでも脱毛サロンに通える?
アトピー体質の方は何をするにしても大丈夫かな?という不安があると思います。ムダ毛の悩みと言うのは少なからずどんな人にもあり、脱毛サロンに通いたいと思っている人は多いと思います。こちらではアトピー体質でも脱毛サロンに通えるのか?ということについてまとめています。
脱毛方法の種類と具体的な内容
脱毛方法には様々な種類があります。それぞれメリットデメリットがありますが、自分に合ったものを選ぶのがベストでしょう。
こんな脱毛サロンはおすすめできない
脱毛サロンは数多くあります。最近では予約が取りやすいとうたいながらも実は全然取れないというようなところが営業行為禁止されたりする例もありました。どんな観点で脱毛サロンを選べばよいのでしょうか?